足の指の間がジュクジュクして痒い、皮が剥けるなど辛い水虫の症状に悩まされている方はいませんか?
実は日本人の約5人に1人は水虫だと言われています。

水虫は患部を不潔にしたり、濡れたバスマットを共有することで他者から感染したりすることが有名ですが、自覚症状が少ない方もいますので、知らぬ間に家族や恋人に感染させてしまうなんてこともあります。
また水虫は一度発症すると治りにくいということもあり、継続的な治療が必要な疾患と言えます。

ニゾラールクリームは抗真菌作用がある!

清潔な足

水虫は白癬菌というカビ(真菌)の一種が皮膚の角質層に感染してできる疾患だと言われています。
高温多湿を好むカビの特性により夏場に症状が出やすく、冬場には症状が感じにくい傾向にあります。
患部や場所も様々で足の指の股の皮膚がカサカサと剥がれてくる、ジュクジュクして痒みを伴う症状がある方、比較的痒みなどの自覚症状が出にくい足の裏などがあります。
特に足の裏は角質層が分厚いため、薬の吸収が悪く、治療に時間がかかります。
そんな治りにくく、辛い水虫にもいくつかの治療法があります。

まず大切なことは毎日足を洗い、患部を清潔にすることです。
カビは不潔な環境や高温多湿な環境を好む傾向にあるので、なるべく素足で過ごす、通気性のある靴を履くなども有効かもしれません。

これらの方法でもある程度症状が緩和されることがありますが、水虫を完治させるためには治療薬での対処が有効です。
市販でも様々な治療薬が出されていますが、ニゾラールクリームという治療薬がおススメです

ニゾラールクリームの有効成分であるケトコナゾールの抗真菌作用により、真菌を殺菌し、増殖を抑えることに役立ちます。
この殺菌と増殖を抑える2つの効果により水虫を完治させます。

ケトコナゾールとは真菌の治療に使用されるイミダゾール系合成抗真菌薬であり、真菌を殺菌する作業があり、脂漏性皮膚炎の治療などにも用いられています。
またケトコナゾールには真菌が細胞膜を合成するのを阻害する作用があるので、真菌の増殖を防ぐことができます。
これらの作用により水虫を完治させることができるのです。

また、ニゾラールクリームはクリームタイプなので液だれすることもなく、患部にとどまり効いてくれるというのも利点の一つです。
患部に長く留まってくれるので、薬の成分を逃すことがありません。
水虫を根治させるには継続的な治療が必要ですが、ニゾラールクリームの特徴として高い抗真菌作用だけではなく肌の角質層への浸透力が優れているので、肌に効果を蓄えて継続的に治療してくれます。

水虫はある程度継続して治療することが必要な疾患ですが、ニゾラールクリームなら痒みを抑えてくれる効果もありますので、治療中に患部を掻きすぎて、傷をつけてたり、症状を悪化させてしまうということがありませんので、その点でもおススメと言えます。

ニゾラールクリームの副作用は控えめ

塗り薬

ニゾラールクリームは効果の高い治療薬です。
すべての治療薬に言えることですが、若干ながら副作用がある可能性がございます。
水虫の治療薬には飲み薬もありますが、ニゾラールクリームは塗るタイプの薬なので、飲み薬などと比べると副作用の発生率は少ないことが特徴で、その副作用事態も比較的軽いと言われています。

具体的な副作用は使用される方の体質にもよりますが、痒みがひどくなる、患部がかぶれる、使用したときに刺激感がありそれが気になるなどの症状が出てくる可能性はあります。

あまり副作用の発生しにくいニゾラールクリームですが、副作用については実際に調査が行われています。
ニゾラールクリームで起こった副作用の調査結果について一部引用ですが、6,346例中224例(3.53%)に副作用があることが判明しています。
主に接触皮膚炎97件(1.5%)、そう痒55件(0.9%)、投与部位発赤43件(0.7%)、投与部位刺激感30件(0.5%)などいくつかの症例があるので、その点は注意しなければならないかもしれません。

接触皮膚炎はいわゆる「かぶれ」と言われる症状です。
この皮膚のかぶれなどは金属やほこり、洗剤などでも起きる身近な皮膚炎であり、体調の変化により症状が出やすいとき、出にくいときなどあるので一概にニゾラールクリームだけのせいで起こっているとも限りません。
しかし、刺激などの何らかの症状が出たときには使用を一旦やめてみるのも必要かもしれません。

そう痒は「痒み」のことですが、水虫の症状事態も痒みなので、区別が難しいかもしれません。
使用中に痒みが強くなっていくようであれば一旦使用を停止して様子見が必要です。

投与部位発赤は使用した部分が「赤くなる」などのことです。
これはアレルギー反応で起こっている可能性が高いので、もしこの症状が出たら使用を中止したほうがよさそうです。

投与部位刺激感は使用した部分が「ヒリヒリする、しみる」などの刺激のことです。
これは使用してすぐにわかることなので、使用時に強い違和感がないか注意してみるなどで対処できます。

ごく少なく、可能性が低いですが、ここまでが副作用の症状です。
副作用の可能性があるとはいえ、ニゾラールクリームは飲み薬よりは安全ですし、比較的刺激の少ないクリームなので、安全に治療を進めることができる治療薬ではあります。

ニゾラールクリームを買うなら通販サイトで!

通販サイトを利用するイメージ

ニゾラールクリームは一体どこに行けば手に入るのでしょうか。
入手する方法は複数あるかもしれませんが、比較的安く、手軽に入手するのであれば個人輸入の通販で購入するのがおススメです

個人輸入というと危険という印象を持つ方もいるかもしれませんが、最近では個人輸入でも信頼できる製薬会社から仕入れている、薬について詳しく記載したサイトなども多くあるので、しっかりしたサイトを選べば比較的安全にニゾラールクリームを手に入れることができます。

ニゾラールクリームに限らず、個人輸入は当然海外からの輸入で薬を販売しているので、日本では手に入らないものや、病院に行くと医師の処方箋が必要なものも通院や処方箋など面倒なことは必要なく、購入することができるので時間がない社会人にもおススメです。

また医師とは言え、問診時に水虫であることを他人に知られる、薬局などで水虫薬を購入することを店員に知られるなどが恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、個人輸入の通販ならプライバシーも守られますので、そういった恥ずかしさを感じることもありません。

ただし、インターネット上には様々な個人輸入サイトがあり偽物を扱っているサイトもあるので、信頼性のあるサイトを選ぶ必要があります。
見分ける方法の一例ではありますが、例えば製造元の記載がしっかりなされているか、副作用についてきちんと説明されているか、プライバシーの保護についてどう対処しているかなどサイトにしっかりと記載されているようであれば信頼してもよさそうです。
またメールや電話でのサポートを行っているか、薬について成分鑑定書などがあるか、などの条件が満たされているサイトであればさらに安心で信頼性が高いと言えます。

また個人輸入ならではの利点として「安さ」という点も大きなメリットです。
病院だと保険がきかない場合は割高になる可能性が高いですし、薬局で販売している商品は一般的に知られている商品ですが、その分広告などに費用を割いている可能性が高く、治療薬自体の販売価格は高額になりがちです。
個人輸入の通販なら余計な中間マージンのようなものもありませんし、元々の海外の価格が安いのと、海外からの直輸入によって比較的リーズナブルな価格で治療薬を購入できる可能性が高いので、個人輸入のサイトを覗いてみるのもいいかもしれません。

関連トピックス