ニゾラールクリームで水虫菌を撃退しよう

水虫になった足

水虫は、日本人の国民病だともいわれているくらいに悩んでいる人が多いです。
統計によれば、日本人の5人に1人は水虫だと言われています。
そして、水虫といえば年配の男性がなるというイメージが強いですが、昨今は女性でも悩む人が多くいます。
特に冬場は蒸れやすいブーツを長時間履くことから、女性は水虫になりやすいという事です。
水虫になると患部のかゆみ・肌荒れ・痛みなどに悩まされますが、そんな症状に効果的だと話題なのが、ニゾラールクリームです。

そもそもニゾラールクリームというのは、皮膚真菌症の治療に使用されている薬のことです。
ニゾラールクリームに含まれる「ケトコナゾール」という成分は、水虫の原因菌である白癬菌の増殖に必要な物質の合成を邪魔する効果があります。
そもそも原因菌は、細胞に覆われた細胞膜で形作られています。
この細胞膜は原因菌を作るために必要なもので、細胞膜が作れなければ水虫は増殖することができません。
つまり、ニゾラールクリームで治療をする事で細胞膜が機能しなくなるため、水虫の菌は増殖できず次第に死滅していくというわけです。

ニゾラールクリームは肌に優しい成分でできているため、副作用などは報告されていないです。
なので、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使用が可能です。

ただニゾラールクリームは高い治療効果があるものの、実はドラッグストアなどのお店では購入することができません。
日本ではニゾラールクリームは処方箋医薬品に分類されているため、皮膚科の医者の診察を受けなければ処方されないのです。
病院に行きたくないので、ドラッグストアで代わりの薬を購入すればいいと思う人も多いです。
ただやはり市販の薬では、ニゾラールクリームと比べると、治療の効果は劣ってしまいます。

昨今では、ニゾラールクリームは医薬品の通販サイトから購入する事が可能です。
なので、病院に行く時間がないけれども本気で水虫を治したい方は通販を利用してみると良いです。

根気よく継続することが大切

ニゾラールクリームを使って水虫を治療するために大事な事は、必ず1日1回患部に塗布する事です。
この時、患部をちゃんと洗って清潔な状態にしてから塗布する必要があります。
不衛生な状態だと菌が付着したままの状態なので、効果が半減してしまうからです。

それと、水虫の白癬菌は症状が全く出ていない場所にも潜んでいることが多くあります。
よって、確実に白癬菌を死滅させるためにもクリームは足全体に塗ることが大事です。
たとえば、足の指、指と指の間、甲、足の裏・表面など全体を丁寧に塗っていきます。
それと、水虫の菌は生命力が強いので、患部を触れた手で別の場所に触ると体のあちこちに感染してしまいます。
よって、薬を塗った後は必ず手を洗うのを忘れていはいけません。

ニゾラールクリームを継続して塗布し続ければ、かゆみや炎症など目に見える症状は2週間ほどでなくなっていきます。
ただこれで完治したと判断して、クリームを塗布するのをやめないほうがいいです。
というのも、一時的に症状が収まっているだけで、まだ水虫が再発する可能性があるからです。
原因菌はまだ残っているので、ホルモンバランスの変化、寝不足、ストレスなど免疫が低くなると再発しやすくなります。

そもそも水虫は肌の奥深くに潜んでいるケースが多く、短期間で全て殺菌するのは非常に難しいものです。
ニゾラールクリームを塗ることで、水虫の原因菌が増殖できなくなるために症状の進行は止まります。
ただきちんと完治するには、肌の新陳代謝によって奥にいる水虫が押し出されるのを待たなければいけません。
肌が入れ替わるのは2、3ヶ月の期間が必要なので、途中でやめずに継続してニゾラールクリームを使用することが大事です。

関連トピックス