水虫の初期症状って?

皮膚の疾患の中でも足の裏や指の間にできる水虫は多くの人の悩みです。
靴を長時間履いている人に発生しやすいですし、家族から感染することも珍しくありません。
さらに入浴施設やプールなどからも感染する場合もあり、知らずに感染を広めている可能性もあります。

水虫というと激しいかゆみがあるというイメージがありますが、実はかゆみが強くないタイプもあり、初期症状が出ていても気づいていない人もあります。
足の裏、かかとの角質が厚くなる症状で悩む人も多いですが、実はこれは角質増殖型の水虫の症状です。
皮膚がむけたり、ひび割れを伴うことがありますが、かゆみはあまり強くはありません。
指の間も水虫ができやすい部分ですが、これは趾間型と呼ばれるタイプで始めは赤くなり、その後は白くふやけて皮がむけ、かゆみも発生します。
水膨れができるタイプは小水疱型と呼ばれていますが、こちらは強いかゆみがあるのが特徴的です。
かゆみと見た目ですぐに水虫ができたとわかる症状です。

そして足だけではなく、爪や手にも水虫ができることがあります。
初期のうちに治療を行うためにも、日頃から足の状態はチェックしておきたいところです。
放置していると、さらに悪化することが予想されますので、早めの治療を心掛けていきましょう。
基本的に薬を塗る治療となりますが、市販の薬を塗っても改善されない場合は別の皮膚疾患である可能性もあります。
水虫に似ていても別の病気である場合もありますので、治療を続けていても改善が見られない場合は皮膚科などの医療機関に相談してみましょう。

薬は白癬菌を殺菌する成分が入ったものが効果的です。
薬にも色々なタイプがあり、クリームタイプは特に使いやすく様々な症状に対応することができます。
さらに、液剤タイプはカサカサしたタイプや水疱がつぶれていない場合に向いています。
この他にはスプレータイプやゲル剤などもあり、改善が難しい場合は外用薬ではなく内服薬が使われることもあります。

初期は痒さも水ぶくれもなく、気付きにくい

水虫は悪化させるとそれだけ完治に時間も掛かりますので、早めに対処していきたいですが、実は初期はかゆみや水膨れもありませんので、気付きにくい傾向にあります。
そのため、初期の治療を行わずに放置しているという人も多く、少しずつ悪化していくこととなります。
水虫の原因は白癬菌ですが、菌がついたからといってすぐに発症するのではなく、長い期間があって少しずつ悪化していきます。

気付きやすい初期症状としては、まずかゆみがあり、その次には水膨れが起こり足の裏だけではなく側面にできることもあります。
そこからさらに悪化すると炎症が起こり、炎症を繰り返すことで皮がむけ、強いかゆみも発生するようになります。
放置していると爪にまで水虫の症状が出て、改善が難しくなってしまいます。
水虫はあまりかゆみのない症状もあり、初期症状があっても気付きにくいですが、入浴時などで足を洗う際は異変がないかしっかりとチェックしていきましょう。
皮がむけているなど、異変があれば対処を考えていきます。

水虫に気付いたら早めのケアを行っていきたいですが、まずは足を清潔にし、蒸れやすい靴や靴下は避け、通気性の良いものを選びましょう。
治療は主に塗り薬で行うこととなりますが、薬局・ドラッグストアで手軽に購入できるものもありますし、症状にぴったりのものを選ぶのであれば、医療機関で処方してもらうことがおすすめです。
他の人にも感染する傾向がありますので、バスマットやスリッパ、タオルなどは共用しないようにしたいところです。
すでに家族が感染している場合は、一緒に治療を行うこととなります。
水虫は再発もしやすいので、一度治ったと感じても、さらに根気よく治療を続けていくことがおすすめです。

関連トピックス